伝書鳩のブログ

レクチンフリー・グルテンフリー・ヴィーガン・少食・自然派生活

カフェインレスコーヒーとは?美味しいカフェインレスコーヒーの紹介

 

私はもともとコーヒーが好きで、カフェイン中毒でした。

半年ほど前に、カフェイン断ちをしてから、今ではすっかりカフェインレス生活です。

 

pvoya.hateblo.jp

 

それでも、やはりコーヒーはたまに味わいたいもの。

日頃、味わっていて美味しいと思うカフェインレスコーヒーをいくつかご紹介します。

 

 

 

カフェインレスコーヒーとは?

 カフェインレスと、ノンカフェイン(カフェインフリー)があります

 

コーヒー豆からカフェインを除き、カフェイン含量が少ないコーヒーのことを、カフェインレスコーヒー、デカフェと言います。

 

ヨーロッパでは、0.2%以下をデカフェとする決まりがありますが、日本では規定はありません。

 

通常、カフェインレスコーヒーというと、カフェイン0ではなく、わずかにカフェインが残っています。表示に「カフェイン90%除去」など記載されています。

 

カフェインを全く含まない、カフェイン0の場合は、カフェインフリー、ノンカフェインと言います。

 

 

カフェインの抽出方法

 

コーヒーの生豆から、カフェインを除く方法は3つあります。

二酸化炭素抽出  安全。香りや風味も損なわれない。
水抽出      安全。カフェインとともに旨味成分も溶け出すので、旨味成分を戻す作業が必要。
有機溶媒抽出   有機溶媒の残留の危険がある。

 

この中で、二酸化炭素抽出法が、最も安全で美味さも残る抽出法と言われています。現在主流の抽出方法です。

 

 

美味しいカフェインレスコーヒーをご紹介します

 

私がこれまで飲んだことのあるカフェインレスコーヒーの中から、美味しいと思うものをいくつかご紹介します。

 

辻本珈琲 カフェインレス ドリップコーヒー 妊娠中・授乳中でも安心

 

こちらは、一杯ごとにパッケージされているドリップタイプなので、とっても手軽に本格的なコーヒーを楽しむことができます。

「液体二酸化炭素抽出法」によるカフェイン抽出法で、カフェイン残留率0.1%以下(EU規格)と、カフェイン除去率が高いので、妊娠中や授乳中の方の利用が多いようです。

焙煎したてのコーヒーが届くので、香りもよく、味わいも本格的。あまり苦味や酸味がなく飲みやすいと思いますが、深みのあるコーヒーを楽しむことができますよ!

こちらは、「コロンビア」「ブラジル」「モカ」の三種類を楽しむことができるセットです。

マウントハーゲン カフェインレス 手軽なインスタントコーヒー

カフェインレスのインスタントコーヒーの中では、こちらが一番美味しいと思います!

そして、「オーガニック」「フェアトレード」の表示もあるので安心です。

 

コーヒー農園はとかく労働や賃金の問題が指摘されていますので、購入することで「フェアトレード」に参加できることは嬉しいです。

 

コーヒーの深みと、少し酸味、苦味のあるタイプです。

インスタントなので、時間がないときの手軽さがgood!

 

 

ラパッツァ デカフェ(粉)コーヒーメーカーやハンドドリップしたい時に

こちらはイタリアのコーヒーメーカー「ラパッツァ」。

極細挽きのコーヒー豆が入っていますので、コーヒーメーカーやハンドドリップ用に便利です。

 

日本語表記には、「カフェインを90%以上取り除いたコーヒー」と記載がありますが、海外サイトでは「カフェイン含量0.1%以下」とありますし、そもそもEU規格なので、「カフェイン99.9%除去」したコーヒーと理解して良いと思います。

苦味と深みとコクがしっかりあり、少し酸味を感じる味わいです。

 

まとめ

 

カフェインレスコーヒーについて、今回は、私がオススメのコーヒーをいくつかご紹介しました。

最近は、カフェインレスが一般的になってきたようで、カフェインレスの商品も増えましたし、カフェインレコーヒーを楽しめるカフェも増えました。

まだまだこれ以外にも美味しいカフェインレスコーヒーがあると思います。

いろいろと試してみて、自分好みのものを見つけるのも楽しいですね。

 

 

pvoya.hateblo.jp

 

pvoya.hateblo.jp