伝書鳩のブログ

レクチンフリー・グルテンフリー・ヴィーガン・少食・自然派生活

グルテンフリー&レクチンフリーの小麦粉の代用に〜キャッサバ粉・グリーンバナナ粉・ココナッツ粉

 

f:id:pvoya:20201019165501j:plain

 

私は、体の様々な不調がリーキーガット(腸漏れ)だということを確信してから、食生活や生活全般を見直してきました。

 

中でも、レクチン(植物毒)というタンパク質を多く含む食品に、私の場合は反応しているようです。

そのため、レクチンを含まない食品を選ぶようにしています。

 

レクチンを多く含むものの中には、穀類、豆類があります。

 

私の場合は、小麦・大豆・米・そばなどを避けているので、「粉」に困るんですよ(涙)

 

小麦粉、大豆粉、米粉、そば粉が使えないとなると、他にどんな「粉」があるか、開拓中です。

 

今回は、私がこれまで使ってみた、グルテンフリー、レクチンフリーで、小麦の代用になる「粉」をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

キャッサバ粉

 

こちらは、一番よく使っている「キャッサバ粉」です。

 

【iherb】キャッサバ粉 CASSAVA FLOUR Otto’s Naturals, 32 oz (907 g)

 

 

【iherb】キャッサバ粉 Cassava Flour Bob’s Red Mill  20 oz (567 g)

 

 

どちらも海外通販サイト・アイハーブで購入しました。

 

ちょっとお値段は張りますが、人気があるようで、売り切れていることが多いんです。

いくつかのメーカーがあるので、購入時に在庫のあるものを購入してます。

 

キャッサバって、知っていますか?

最近、タピオカドリンクがブームですが、タピオカの原料が、熱帯地域で栽培される「キャッサバ」というお芋です。

 

キャッサバのでんぷんが、「タピオカ粉

キャッサバをそのまま粉にしたものが、「キャッサバ粉」

 

例えると、ジャガイモのでんぷん質で作った片栗粉と、そのまま粉にしたものの違いです。

 

こちらのお粉は、「キャッサバ粉 CASSAVA FLOUR」です。

 

小麦粉の代用として、ほぼ同量で置き換えが可能です。

ちょっとモチモチした食感になります。

私は、お好み焼き、パンケーキ、天ぷらの衣などに使いました。

 

メーカーのオットーズナチュラルズのHPには、英語ですが、本格的なパンやケーキ、クッキーなどのレシピも紹介されています

 

タピオカ粉は食材屋さんに行くと普通に売っていますが、キャッサバ粉はなかなか売っていないので、アイハーブは重宝しています。

グリーンバナナ粉

 

【iherb】オーガニック・グリーンバナナ粉 Edward & Sons, Let’s Do Organic 14 oz (396 g)

こちらも、アイハーブで購入した「グリーンバナナ粉」です。

 

バナナが黄色く熟する前の、グリーンバナナを粉にしたものです。

粉の色は、モカっぽい茶色です。

低糖質で、豊富なレジスタントスターチが腸内細菌の餌になり、便通にも良いということで、最近人気があるようです。

バナナを主食にしている地域は、この甘くない状態のグリーンバナナを加熱調理しています。

キャッサバ粉と半量でパンケーキを作ったら、しっとりフカフカのパンケーキになって、とても美味しかったです。とくにバナナ風味は感じませんでした。

いつも売り切れていて、最近やっと購入できたばかりなので、これからレシピを開拓していきます!

国内通販にもありましたが、価格が高いですね。

 

 

 

ココナッツ粉

 

 

Nutiva, オーガニック、ココナッツ粉、グルテンフリー、454 g

ココナッツの実を粉にしたものです。

こちらもアイハーブで購入しました。

 

キャッサバ粉やグリーンバナナ粉に比べると、価格も手頃で、取り扱いも多いので購入しやすいです。

 

低糖質(低GI)で食物繊維も豊富な、グルテンフリー食材としても人気です。

ほんのりココナッツの良い香りがするので、クッキーなどお菓子作りに良いですよ。

 

小麦粉と比べるととても水分を必要とするので、小麦粉の代用とする場合は、量を減らしたり、水分を多くするなど調整が必要です。

パンケーキを作りましたが、ちょっとパサついたので、他の粉と混ぜて使うと良いですね。

 

しばらく使っていましたが、私はココナッツ粉にアレルギーがあるようなので今は使用していません。ココナッツオイルは大丈夫なのですけれど、、残念。

 

ココナッツ粉は、国内でも手に入りやすいです。

 

 

 

 

 

価格はかなり高めですが・・・

 

通常の小麦粉の価格と比べると、いずれもかなり高額な価格帯になります。

 

が、私の場合は、小麦は食べることがなくなったので、自ずと外食の機会も減りました。

 

カフェでパンケーキを1回食べる金額を考えると、これらのお粉を購入するのに十分ですし、使用する機会も頻繁ではありません。

 

その上、いずれも品質が良いものですし、からだのためと思えば、価格のことは気にならなくなりました。

 

https://blog.hatena.ne.jp/pvoya/pvoya.hateblo.jp/edit?entry=26006613640487191#preview

 

まとめ

 

グルテンフリー、レクチンフリーの小麦粉の代用となる「粉」を3つ紹介しました。

 

小麦を食べないグルテンフリーは、かなり一般的になりましたが、レクチンフリーとなると少数派。

 

情報も少ないし、レクチンフリーの食材を探すのは、なかなか大変です。

 

レクチンフリーの食生活を心がけるようになってから、1年以上経ちますが、今では、新たな食材を見つけるのがちょっと楽しくなってきました。