伝書鳩のブログ

レクチンフリー・グルテンフリー・ヴィーガン・少食・自然派生活

手作りヘンプミルクレシピ☆ヘンプシードで手軽に作れます アレルギーやレクチンフリーで牛乳や豆乳の代用に

f:id:pvoya:20201101182856j:plain

 

最近、クルミミルクを手作りするようになって、お料理などによく使っています。

 

pvoya.hateblo.jp

 

クルミをおやつに食べたりしますし、クルミ摂取が増える一方なので、他のものでもミルクを作ろうと思いました。

 

そこで、ヘンプシードを常備しているので、ヘンプシードでミルクを作ってみました。

 

ヘンプミルクはとても手軽に手作りできて、爽やかなコクがあり、あっさりと飲みやすいです。

 

ヘンプシードとは、麻の実のことです。

 

アレルギーなどで牛乳や豆乳の代用にも良いですし、栄養価も高く、どなたにもオススメのミルクです。

 

 

 

 

ヘンプミルクのレシピ

 

材料

 

ヘンプシード        1/4カップ

水             2カップ

天日海塩          ひとつまみ

甘味(デーツやはちみつなど)お好みで

 

 

① 材料をミキサーに入れて、よく攪拌する。

 

② 出来上がり。

  濾す必要はないと思いますが、気になる場合は茶漉しや晒しなどで濾します。

 

f:id:pvoya:20201101175244j:plain

 

 

 

ヘンプシードは、タンパク質、オメガ3、ビタミン、ミネラルが豊富

 

ヘンプシードは、麻の実のことです。

身近なところでは、七味唐辛子に入っていたり、鳥さんのご飯の定番です。

 

 

最近では、ヘンプオイルやヘンププロテインなども人気があります。

私も愛用中です。

 

 

MEDICAL NEWS TODAY に、ヘンプシードの9つの健康上の利点が載っていました。

 

www.medicalnewstoday.com

 

 

ヘンプシードの9つの健康上の利点 

 

・9つの必須アミノ酸が全て含まれている

 ※ 必須アミン酸は体内で合成されないので、食事から直接とる必要のあるタンパク質のことです。

 

・オメガ3のαリノレイン酸が含まれいる

 ※ αリノレイン酸は、体内でDHAEPAに変換されます。

 

・オメガ3とオメガ6のバランスが良い

 

・ビタミンやミネラルが豊富

 ビタミンE、マグネシウム、リン、カリウム 、鉄 、亜鉛、ビタミンB(ナイアシン、リボフラミン、チアミン、B6、葉酸

 

・抗酸化作用

 

心不全のリスクを減らす

 

・炎症を軽減する

 

アトピーやニキビなど肌の状態を改善する

 

・関節リウマチを和らげる。

 

 

栄養面の特徴から、菜食をしている場合には特に有益な食品と言われています。

 

 

 

ヘンプミルクは作りやすく、味はクセがなく飲みやすい

 

ヘンプシードは殻を剥いたものだと柔らかいので、ミキサーですぐに粉砕でき、濾す必要もないので作りやすいです。

 

ヘンプ特有の味わいはありますが、クセもなくさらっとした口当たりで、そのまま飲みやすいと思いました。

 

ヘンプミルクとして売られているものもありますが、手作りするとかなりコスパ良く作ることができ、必要な時に新鮮な状態のものを用意することができます。

 

私は、ヘンプミルクをそのまま飲んだり、ドリンクに入れることが多いです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、手作りのヘンプミルクについてご紹介しました。

 

マイナスとなる点は見当たらない、申し分のない栄養価のあるヘンプシード。

 

ヘンプシードは、ナッツのままサラダや和え物などにかけて食べていますが、ミルクにすることで用途も広がり、とても利用しやすい常備食品になりました。

 

乳製品フリーや、アレルギーなどで、牛乳や豆乳の代用ミルクとしておすすめです。

 

 

 

 

 

 

 
こちらは私が使っているブレンダーの最新のもの。
 
 
  
 バイタミックスはパワフルに使えて便利。
 
 
 

 

pvoya.hateblo.jp

 

pvoya.hateblo.jp

pvoya.hateblo.jp